押さえておきたい屋台飯3つ

屋台飯で有名なペナン島。
ペナン島の屋台街。週末夜にはライブバンド(カラオケ?)やってるところもあります。

お勧めはペナン島

東南アジアの食といえば屋台飯ですよね。

各国にそれぞれ美味しい屋台飯があると思いますが、僕のお勧めはマレーシアです。
マレーシアは、マレー系、中華系、インド系といった様々な民族が暮らしており、食文化もバラエティに富んでます。また衛生面でも何とか耐えれるレベルです。

インドネシア、フィリピンの屋台にも美味しい揚げ物、焼き物なんかがあったりします。でも衛生面が…
個人差はあるでしょうが、僕的には日本の出張者にお勧めできるのはシンガポール、マレーシア、タイの屋台ぐらいまでです(翌日に体調崩して面談キャンセルだと笑えませんよ)。

お勧めするマレーシアで、特に屋台飯で有名な場所が下の地図にあるペナン島です。

ペナン島はアジアB級グルメの聖地とも言われてます。

島内にはたくさんの屋台が集まった場所が至るところにあります。

中華、インド、マレー系の料理をベースに、色んな麺類、ご飯物、揚げ物、粥、デザート類が揃ってます。数日の滞在ではとても全て食べきれません。

料理の量は若干小振りで、一皿では少し物足りなさを感じます。

年輩のペナン出身者に聞くと、彼らは1日4〜5食ぐらい食べるそうです。お腹が空いたらふらっと屋台に立ち寄って軽く1食こなす。これがペナンスタイルです。朝食から夜食まで屋台という人もざらにいます。

その分価格も一食MYR4〜6(130円前後)と手頃です。気になるものからバンバン注文しましょう。

ペナンのお勧め麺系グルメ「王道3食」

そんなペナンで最初にトライすべき屋台飯を紹介します。

ペナン島は、マレーシアの中でも特に中華系の人口比率が高い町です。

一時期3ヶ月おきぐらいにペナンに滞在してた僕としては、やはり中華系オーナーが作る麺系グルメを食して欲しいです。

お勧めは、アッサムラクサ(Asam Laksa)、ホッケンミー(Hokkien Mee)、チャークイティオ(Char Kway Teow)です。

いずれもペナン島の王道屋台飯です。

1. アッサムラクサ(Asam Laksa)

青魚ベースのスープにタマリンド(酸っぱめ果実)をたっぷり入れた酸っぱ辛い麺です。麺の上には色んな刻まれた野菜、果物がのってます。独特の臭み(魚臭さ)があり、上にミントをのせてるところもあります。
日本人の中で最も好き嫌いが別れる麺ですが、ペナン島と言えばこれ!ハマる人にはハマる味です。経験だと思って一度は食べてみて下さい。ペナンでは単にラクサとも言われてます。

ペナン島を代表する屋台グルメと言えばラクサ。
ペナン島を代表する麺グルメと言えばラクサ。

2. ホッケンミー(Hokkien Mee)

海老の出汁を使った麺です。スプーンの上に辛味ペーストがのっていて、好みに応じてスープに溶かします。少しだけ足したくても、残ったペーストを置いとく場所がないので、実際には半強制全部入れになります…
辛めではありますが、海老の甘味がしっかり出ていて美味しいスープです。海老ベースなので、ホッケンプロウンミー(Hokken Prown Mee)とも呼ばれてます。

こちらも人気のホッケンミー。海老の出汁がスープベースです。店によって具材も微妙に違います。
ホッケンミー。店によって具材も微妙に違います。

3. チャークイティオ(Char Kway Teow)

現地のきしめんみたいな麺を、貝、野菜とで炒めた焼きそばです。独特のもちもちの感ある麺を、豚の脂身を使って強火(または炭火)で豪快に炒めます。
濃厚な味付けで日本人にも好きな人が多いです。ハズレのない一品です。

日本人にも人気の高いチャークイティオ。唐辛子なし(No Chilli)を頼めば子どもも食べれます。
チャークイティオ。唐辛子なし(No Chilli)を頼めば子どもも食べれます。

更に挑戦して欲しい麺系グルメ

王道を一通り食べたら、ドライワンタンミー(Wantan Mee Dry)、カレーミー(Curry Mee)にも挑戦してみて下さい。二番手グループに入るお勧め麺系グルメです。

1. ドライワンタンミー(Wantan Mee Dry)

ちぢれ細面を茹で上げ、醤油味のダークソースとごま油で味付けした麺です。肝心のワンタンですが、隣の小さなお椀にスープと一緒に入ってたり、フライ状態になって麺に添えられたりしてます。名前とは裏腹にワンタン自体は脇役っぽい扱いです。
こちらも日本人には食べやすく美味しい味付けです。個人的にはスナックっぽい感じです。スープベースもあります(ワンタンミースープと注文して下さい)。

ごま油が香ばしいドライワンタンミー。
ごま油が香ばしいドライワンタンミー。

2. カレーミー(Curry Mee)

ココナツミルクベースのカレー麺です。辛めですが濃厚かつマイルドな味わいです。ホッケンミーみたいに、スプーンの上に別途カレーペーストがのってます。白いスープにこのカレーペーストを混ぜ合わて食べるのがペナン式です。太麺にカレースープがよく絡みます。油揚げ、海老、イカ、貝、血の塊が入ってたります。
濃厚カレースープがやみつきになる人もいます。ペナンから南部ではカレーラクサという人もいますが、生粋のペナン出身者はカレーミーと呼び、彼らのソウルフード「ラクサ」との線引きを譲りません😂

ココナツベースの白スープにカレーペイストを混ぜて食べるペナンのホワイトカレーミー。
ココナツベースの白スープにカレーペイストを混ぜて食べるカレーミー。

そしてビジネスでの殺し文句

もしペナンのミーティングで「ペナンで何食べた?」と聞かれたら、王道三つの名前を上げて「クアラルンプールでも似たもの食べましたけど、やっぱりペナンは味が全然違いますね」と言って下さい。もう最初の掴みはバッチリです😁

ペナン島の中華系の多くの人は、島への強い誇りと帰属意識を持ってます。食べ物以外にも良いところを見つけてドンドン褒めてあげて下さい。

最新情報をチェックしよう!